Posted by admin | 2019年7月19日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

市場の競争が激しくなっている今、企業では仕分けをどうできるかが最重要事項になっているそうです。仕分けとは様々な分野でのランキングであり、例えば営業であればどんなツールをつかうべきか、顧客をどうランキングするか、これが成功するかしないかで、売り上げにも大きく関わってくるんです。

顧客をランキングできるのはCRM。CRMは顧客情報を一括管理できるツールです。さらに、営業情報と紐づけすることで、顧客をただの既存顧客と優良顧客に仕分けし、優良顧客の中でもいろいろな視点を変えてランキングすることができます。

それぞれのランクに合わせてアップセルやクロスセルを行ったり、クーポンの配布、キャンペーンの実施をしていけば、顧客は継続して購入してくれる可能性が高まり、売り上げも維持、右肩上がりで推移することが可能となります。

CRMを提供しているベンダにおいても、仕分けをすることが非常に大切だと言っています。競争力の強化をしたいのであれば、デジタルツールを活用し、最適な仕分けをすることが必須課題となります。



Leave a Reply