Posted by admin | 2019年6月30日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

知り合いの看護師さんが言っていたのですが、新しいシステムに変えてもらってとても楽になったと。患者さんの情報は今はパソコンで入力されますが、10年ほど前までは手作業で書き込み、管理していたそうです。そして、手作業を無くし、情報を病院内皆で共有化できるよう、電子カルテの導入に至ったとのこと。

でも、慣れない作業によって、電子カルテには二重登録されている患者さんも多かったようです。名寄せ、という機能があったのかはわかりませんが、その看護師さん自身は、手作業で名寄せを行ったそうです。。本当に辛い時間だと言っていました。

そういえば、SFAにも医療に特化したものもあるそうですね。もしかしたら、電子カルテのようなものもあるのでしょうか。医療の場合には顧客ではなく患者さんごとに情報を集約し、共有化する。今では、病院の案内に電話し、患者番号を伝えるだけで、それまでの履歴が全て分かるようになっていますよね。看護師さんや病院だけでなく、患者にとっても、このようなシステムは便利で助かります。



Leave a Reply