Posted by admin | 2019年5月31日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

友人が入社した会社では、今でも「ほうれんそう」と貼り紙があるそうです。すでに時代は令和。平成も終わるのに、昭和の言葉が使われているなんて・・と感じたそうです。

でも、仕事に入ってみると意外にもほとんどの業務はシステム化されていて、一度入力すれば他のシステムにも自動入力されていたり、SFAといった営業支援ツールも営業マンたちがサクサク使っていいた現場で驚いたそうです。

この「ほうれんそう」にしても、見た目はアナログな感じもあるものの、実質的にはシステムやツールを使った報告だったり連絡がメイン。どうしても直接とか、緊急の場合に上司と電話で話しているそうです。システム化が進んでいるので、知りたい情報もパソコンから見れるし、顧客情報も属性だけでなく過去の購入履歴、問い合わせ内容を一つの画面で見ることができるので、担当者が不在でも自分が何とか対応できると言っていました。

今には今の「ほうれんそう」というのがあるんですね。また、時代は変わってシステム化が進んでも、人と人との間には「ほうれんそう」が重要である、ということも学んだそうです。



Leave a Reply