Posted by admin | 2019年3月8日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

新規顧客を探そうにも、どこから手をつけて良いのかわからない場合、過去の営業リストを使うのも手ですよね。

ただし、その時も交換した名刺をそのまま使ってしまってはいけません。半年以上経てば、相手が転勤していたり、役職が上がっていたり、退職している可能性があるんですね。

ですから、まずは名刺の管理ツールを使いましょう。このツールを使うことで、持っている名刺を全てデータ化し、最新の人事情報、人脈情報を形成することができるようになるんです。もちろん、自分でこれらを行うわけではありません。ツールを作っているベンダがネット上の企業情報を常に監視し、新しい情報があれば随時更新しているんです。そのため、一度データ化しておけば常に現在の連絡先、役職を知ることができます。


Leave a Reply