Posted by admin | 2018年9月22日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMを活用することで何が良いかと言うと、より精密な情報を記録していくことができる。そして、細かなレベルで予測ができるということです。

精密な情報とは、営業マンがこれまでは一日の終わりに会社に戻って日報を書いていましたが、その頃には複数の営業情報を事細かに報告することは難しい時間帯。忘れてしまっていることや、情報自体に正確さが乏しくなってしまっていることも考えられます。しかしCRMは営業が終わったらすぐにスマホやタブレットから記録できるため、情報は新鮮です。リアルタイムでアップされた情報は他の営業マンや上司にも共有されるので、もし不具合があればすぐに修正してもらえることも大きなメリットとなります。

また、予測という点においても秀でています。情報が細かいということはそれらを分析することで、今までにはわからなかったもっと細部にわたり売り上げ予測が可能となります。在庫の数などにも正確性が高まるので、余剰在庫を抱える不安も解消されるというわけです。

knowledgesuite.jp


Leave a Reply