Posted by admin | 2018年9月10日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAを使う時に、是非入っていて欲しいのが自動取り込み機能です。例えば、名刺の管理ツールと連携したSFAであれば、SFAの日報に入力する際、名刺情報からあらかたの情報を自動取り込みできるため、入力の負荷がかなり軽減されることになります。

企業名や担当者、案件名など、そんなに大した項目ではないし、そこまで時間もかからないよ、と言われる方もいるのですが、これが営業後とに入力するとなれば、一日で何分。これを月にして、年単位にしてと考えると、相当な時間を軽減できるはずです。

それに、入力自体が苦手な営業マンだっているはずですから、このような人たちには精神的な負担も軽減することができるんです。

また、スケジュールを管理しているツールなどとも連携できれば、さらに双方の入力は軽減されます。営業マンは、やはり顧客とコミュニケーションを取って営業にかける時間をできるだけ多く持ちたいものです。SFAを活用することで、少しでもその時間を作っていきましょう!


Leave a Reply