Posted by admin | 2017年11月28日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMを導入する際には、現在使用中のソフトと連携が可能なものを選ぶことが重要です。連携できなくても大丈夫なんじゃない?CRMさえ使いやすければ、と思う方もいるようですが、連携できるとできないでは全く業務のはかどり方が違うんですよ。

顧客情報を管理し分析することができるCRMですが、それとともに新規顧客を開拓して顧客へとランクアップするSFA、そして会計ソフトとスケジュールソフトなどと連携することで、さらにCRMの機能を最大限に発揮させることができるんですね。

例えば会計ソフトとの連携です。CRMに顧客情報、そして営業情報すべてを入力することで、会計ソフトにもその情報が繋がり、請求書などの作成が簡単にできてしますんです。もし、連携ができないシステムを導入すれば、CRM、会計ソフトそれぞれにデータの入力を行わないといけない、つまり2度手間になってしまうんですね。せっかく新しくシステムを導入するのであれば、さらに業務効率化が実現できるものを選ぶべきですね。

詳しくはこちら


Leave a Reply