Posted by admin | 2017年3月5日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

業界ではすでに導入が進んでいたので自社でもSFAを取り入れた、という会社も多いんですね。そんなことならエクセルのままでも良かったのではないか?とも思いますが、やはりそこには大きな違いが。

SFAの導入にはかなりの出費がかかります。そこまでして、エクセルから抜け出す必要があるのか。それは、営業マンの営業活動を把握できることにあります。それなら毎日の日報でわかるよ!という声も聞こえてきそうですが、日報はリアルタイムで上司やグループ内に届き、ダッシュボードにてそれぞれの営業マンの行動、商談が一目瞭然。詳しく知りたければ各々の営業マンの日報を把握でき、修正して欲しいところはすぐに連絡を取ることが可能となります。

また、数字の集計や分析においては、自由に分類できるようになるため、手間もかからずスピーディーに資料作成することもできるんです。他にも機能を取りそろえることでエクセルでは限界になっていたことが簡単にできるようになり、投資するだけの意味があるということなんですね。


Leave a Reply