Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2019年5月26日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

あるSFAのホームページを開いていると、他の会社のデータも利用できるといったことが書かれていました。私の理解が間違っているのなら良いのですが、これは他社の顧客データや営業データも勝手に使えますよ、ということでしょうか。それだと、完全にセキュリティに関わる問題ですよね。

でも、見方を変えれば、このSFAを導入すれば自社では手に入れられないような情報、データも知ることができる。わざわざ自社で集めなくても、同業、同種の会社のデータさえあれば、自社に活かすことができるので楽といった解釈もできます。となると、楽して手に入れられるわけですから、このSFAを使いたくなると。

でも、勝手に情報を使われる顧客、会社はどうなのでしょうかね。個人情報の保護という観点によって、これは問題視されることかと思うのですが、それを堂々とホームページに載せるということは、問題にはならないということなのか。

GAFAの情報の利用の仕方が政府自民党でも取り上げられ、じきじきの聴取もありました。どこまで情報が守られるべきものなのか、線引きと対策が急がれますね。


Posted by admin | 2019年5月25日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

あるSFAをサービスしている会社のホームページを見ていると、過去の振り返りをしてくれる、という機能を見つけました。

振り返りとは、営業マン自身が行うものとばっかり思い込んでいましたが、SFAの機能にこういったものがあると、営業マンはさらに便利になりますよね。というか、そのうち営業マンは何も考えなくても、新規顧客を狙う際にはSFAだけのデータを見れば良い、という風になるかもしれません。

ある企業の業績が経済の流れも関与して低迷し、その企業との取引が数年前に無くなっていた。しかし、あることがキッカケでその企業が復活をしていた。自社だけではそういった情報が入ってこなくても、SFAを作っているベンダが業界情報をリアルタイムで入手していることで、SFAを使っている会社にその情報を提供してくれるわけです。そこから過去の案件を振り返り、顧客を再度掘り起こすことができるというわけです。こういった内容を見ていると、本当に人って知恵を絞り出すものなんだな、と思いましたね。

参照URL

Posted by admin | 2019年5月22日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

ネットで評価の高かったヒアルロン酸サプリが、初回購入の時のみ半額で購入できるということで注文した友人。飲み終わらないうちに「いかがでしたか?」「大勢の人から喜びの声が届いています!」などのメールが来たりしたそうです。

全部飲み切っても何も変化が無かったそうで、次の購入は無しと決めたとのこと。しかし「あなただけに特別なご案内」といったダイレクトメールが届き、中身を確認したそうです。ここですよね、消費者の心理に刺さる「あなただけ」「特別」という言葉。もしかしたら本当にお得な割引のダイレクトメールかもしれない!と思い開封したと。でも結果的には最初から定期購入の場合には●●%オフという数字は変わらなかったそうです。

CRMを活用した顧客の育成。でも友人はその育成の対象になることはありませんでした。お得感があっても製品自体に魅力を感じなければ、CRMを使っても無理なものは無理ですよね。

その後ダイレクトメールを開封することは無くなったし、3ヵ月もするとついにその会社からのメールは一切無くなったそうです。


Posted by admin | 2019年5月19日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

先月の終わりに、新しいダッシュボードの提供をアイリッジが行ったそうです。アイリッジにはスマホ向けの位置情報ソリューションの「popinfo(ポップインフォ)」というものがあり、さらにpopinfo CDPという顧客データ分析プラットフォーム、並びに新ダッシュボードの提供がスタートしているとのこと。

popinfo CDPでは、顧客のネット上での行動、位置情報、自社のCRM情報、購買情報など様々な顧客情報を一括して管理しデータを駆使して、「顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを行える。」そうです。

また新しいダッシュボードでは、いくつかのソリューションの操作が統合され、より使いやすくなるとのこと。

こういった新しいツールでよく聞くのが、詳しいIT知識が無くても使えるという点ですよね。皆が皆ITに詳しいわけではありません。めちゃくちゃ詳しい人もいれば、パソコンさえおぼつかないといったビジネスマンだってまだまだいるはずです。そういった現在の日本の状況の中で、広く使ってもらうには簡単な操作が可能、というところが必要のようです。


Posted by admin | 2019年5月17日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

毎日車や電車で訪問営業を行っている営業マンの方に、ぜひ知っていただきたいのが、地図と連携したSFAがあるということです。今アプローチした会社から、2時間後だったら話を聞くことができるよ、と言われた場合、その2時間を無駄に過ごしたくはないですよね。もし、近場に見込み顧客があればそこに営業をかけたい。でも場所がどこかいまいちわからないし、連絡先もメモしてなかった・・。こういったケースってよくあるんですよね。

もしSFAを使っていれば、そしてそれが地図と連携しているものだったら、営業マンのお悩みは簡単に解決します。SFAを開いて、地図機能を呼び出し、現在地から以前登録した見込み顧客を地図上で示すだけ。一番近い見込み顧客の場所や連絡先、以前名刺交換していて登録していれば、顧客情報から担当者の名前や興味を持った商品なども検索することができます。「知りたい!」と思った情報が出先からでも簡単にすぐに取り出し、営業に活かせるのがSFAなんですね。


Posted by admin | 2019年5月15日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMが使われながらでもまだ、メルマガを受け取る顧客と起業の間には隙間が空いている、ということを言う人がいます。それは実際に取ったアンケート調査の結果から明らかなようです。

毎週のように届くメルマガ。読む人読まない人それぞれあるとは思いますが、企業と起業とでやり取りされるメルマガに関しては8割ほどが読まれているそうです。かなり高い確率で読まれているんですね。もし企業と個人であれば、その数は激減するでしょう。それだけビジネスの上では情報というものを欲しているのでしょうか。

では、その欲しい情報がメルマガに載せられているのかというと、そこが悩ましいところで、メルマガを作成する人は自社製品の販売のみに徹するわけですが、読む側はそれに関連する情報、まつわる話も聞きたいわけです。

ですから、顧客との隙間を埋める作業に徹することができれば、多くの企業の担当者の心を掴み、結果的に営業が成功する、CRMの分析結果が良い方向に役に立つことになるのでしょう。

Sales Force Automationとは

Posted by admin | 2019年5月13日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

同じ事を言っていても、感じの良い人、良くない人がいますよね。あれってなにがそう感じさせるのでしょうか。場合によっては会話の後にとても不愉快な気分になることも。。話した内容は普通でも、顔の表情や言葉の選び方が一方的だと、不愉快に感じてしまうのでしょうかね。

どれだけ評判の良いSFAを使って役に立つ情報を引き出すことができても、実際に取引先となる会社の担当者に良い印象を持ってもらうことができなければ、きっと商談を成功させるのは難しいでしょう。もしかしたらアプローチをしている最中に、担当者に相手にされない可能性もあります。

別にニコニコしなければいけない、ということではなくて、きっと自分本位の話し方をしないで、相手の身になって言葉を選ぶ、ということが良いような気もしますね。

それと、見た目も結構大事な要素らしいです^^ある深夜番組に出ていた営業マン。薄かった眉毛をきれいに整え、眉エクステしたことで、トップセールスマンになったらしいですから^^


Posted by admin | 2019年5月12日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

今、顧客の満足度を向上するために必要な事業を行っている会社同士が、業務提携契約を結んだそうです。その会社とは、アユダンテとフュージョン。Googleアナリティクスに関する支援を行うアユランテ。そしてマーケティングの支援を行うフュージョン。業界に何も知識が無い人が聞くと、全て??と理解できないような言葉が並んでいます^^

この2つの会社の業務提携の目的は、「デジタル×アナログのマーケティング支援および最適化の推進」そしてフュージョンが開発、提供を行っているCRMなどから抽出されるデータ、2つの会社から出てくる知識や経験を使い、「新たな価値・ソリューションの創出」を行っていく、とのことです。

フュージョンは、CRMに重要な顧客生涯価値の最大化を実践できるための知識というものが、社内にはたくさんあるそうです。ですから、顧客満足度を上げたり顧客を育成、維持していく術、というものも多く持っているそうです。手軽に、短期間に手に入れることのできないノウハウを持っている会社ですから、アユダンテのような会社から見ると、とても魅力ある会社なのでしょうね。


Posted by admin | 2019年4月20日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

日報が営業マンにとってストレスになっていることは知っていましたが、日報を読んでいる人もストレスになっている、ということなんだそうです。知らなかったな~^^

きっと何人もの営業マンを束ねていて、日々上がってくる日報に目を通し、何かアドバイスをしなければいけない・・。しかし日報を読んでもそこから得られ情報は乏しく、どんな声をかけたら良いのかわからずに。こんな苦しい立場にいる管理者も多いそうです。

だったら、SFAを導入したら良いのにと思っていました。SFAって、営業マンの業務効率化が実現するツール、新規の見込み顧客をゲットできるメリットがあると言われていますよね。そして、営業日報機能を使い、管理者が最も知りたい情報を項目にし、営業マンはそこにチェックを入れるだけ。こんな日報になっているんです。

営業マンは、どこにいても日報に入力ができますし、管理者はリアルタイムのでその情報を確認可能です。最も知りたい項目を見て、その後のアドバイスや指導もしやすくなるんですね。

Posted by admin | 2019年4月8日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

最近のSFAは、自動入力というものがたくさんできるようになっているんですね~、これはとても助かります。

例えば、見込み顧客からウェブ上に問い合わせがあった場合。その内容を自動でSFAの方に入力してくれるんです。入力をする手間や時間を軽減できるだけでなく、ウェブでの問い合わせがあったということも、わざわざ確認する必要なく自動入力されますから、こういった面でも効率化を図ることができますよね。

これらの情報が少しずつでも増えていくことで、アプローチをする際に相手のことを理解できているため、商品やサービスの提案もスムーズに実行できるんです。

名刺管理のアプリなどと連携させておけば、名刺をスマホのカメラで撮影するだけで名簿の作戦が自動ででき、人脈形成、メール、メルマガ、DMの発送もスピーディーに行うことが可能となります。

本業の営業以外に多くの時間を割いていた営業マンの方は、SFAを知ってしまうと、もう元には戻れないかもしれません^^