Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2017年2月23日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

ビジネス環境やITが目まぐるしく変化している昨今、企業はその変化に即応していくことが求められています。が、実際はビジネスの先を見通すことは難しいですね。こうした変化に対応する手段として注目を浴びているのがSFAなんですよ。しかしここでも問題が…「SFAを導入したのに営業に定着しない」と頭を抱える企業は少なくないようなのです。操作性や自社に合う機能など当然ながらカスタマイズが必要になってくるSFAは、単に導入するだけではなかなか定着しないもの。そこでオススメしたいのが、セールスフォース・ドットコムが提供しているプラットホーム『Salesforce』です。カスタマイズ性に優れているから、企業の規模・業界問わず定着しやすいのだとか。Salesforceの活用によって、スピーディーかつ柔軟性のあるビジネス基盤を実現した企業も多いそうですよ。また積極的に様々な取り組みもしており、最近ではAIテクノロジーを総称したプラットフォーム『Salesforce Einstein』を発表していました。Salesforceは、予測困難なビジネスを支えてくれる力強いパートナーになってくれると思います。https://knowledgesuite.jp

Posted by admin | 2017年1月13日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

今はどの会社もCRMの導入を行っているようですが、そこにはどのような理由があるのでしょうか。

CRMとは顧客管理システムのこと。ただし、顧客の情報を集めるシステムというだけではありません。これら集めた情報から分析を行い、一人一人の顧客に最適な商品提案を提供できるようにするんです。

昔は誰もが同じような横並びの商品を買い求めていて、それが幸せの象徴のようなものでした。しかし時代とともに人と同じものではなくて、自分自身が納得する好きなものを買い求める個人優位になってきたんです。そのため、年齢や性別だけの顧客情報ではほとんど役に立たない・・。もっと深い情報、例えばどのような仕事、趣味があり、いつ、どのような商品を購入しているのか、そしてサイト内のどのページを辿って商品の購入へ至ったのか、このようなネット上で行われた行動までもが情報として集められ、ここから分析が行われるんです。

キメ細やかな分析ができれば、顧客それぞれに最適な情報を提供でき、効果的に営業の戦略を進めることが可能になる、ここがCRM導入の大きな理由なんですね。

Posted by admin | 2017年1月8日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

企業価値を高めるために、スマートフォンを活用しているというケースが増えているそう。そこで今回はスーパーマーケットなどに日用雑貨を納入しているある卸売会社の事例を紹介します。競合が台頭している卸売業の競争はますます激化しており、自社ならではの強みを活かして売上を向上しなければ生き残っていけなくなっている昨今。そこでその卸売会社では、スマートフォンを導入することで業務スピードをアップさせ、決められた時間に正確に納品することを目指したのです。まずはスマートフォンに無料の地図アプリをダウンロードをし、配送スタッフが自身の現在地を地図上で確認できるようにしました。ある程度は到着時間の予測ができるようになったことで、納品時間厳守の徹底につながったそう。さらにスマートフォンからリアルタイムに追加オーダーなどを情報共有できるツールを採用することで、業務スピードが格段にアップしたのです。配送状況を見える化したことで、企業としての信頼度&顧客満足度アップを実現…スマートフォンで企業価値を高めることができたというわけですね。営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

Posted by admin | at 12:00 AM | Permalink | No comments |

企業価値を高めるために、スマートフォンを活用しているというケースが増えているそう。そこで今回はスーパーマーケットなどに日用雑貨を納入しているある卸売会社の事例を紹介します。競合が台頭している卸売業の競争はますます激化しており、自社ならではの強みを活かして売上を向上しなければ生き残っていけなくなっている昨今。そこでその卸売会社では、スマートフォンを導入することで業務スピードをアップさせ、決められた時間に正確に納品することを目指したのです。まずはスマートフォンに無料の地図アプリをダウンロードをし、配送スタッフが自身の現在地を地図上で確認できるようにしました。ある程度は到着時間の予測ができるようになったことで、納品時間厳守の徹底につながったそう。さらにスマートフォンからリアルタイムに追加オーダーなどを情報共有できるツールを採用することで、業務スピードが格段にアップしたのです。配送状況を見える化したことで、企業としての信頼度&顧客満足度アップを実現…スマートフォンで企業価値を高めることができたというわけですね。営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

Posted by admin | 2017年1月6日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

マネージャーのクラスの人は、社長と平社員、あるいはパートやアルバイトのちょうど中間に居る存在。中間管理職のようなもの。なので、社長、平社員の両方のことをきちんと知る必要があります。

しかし、営業現場においてはそれはかなり難しいこのようで。営業って、日本では個人プレイが当たり前だったため、成績の良い営業マンと悪い営業マンの差が数字だけでしか判断できなかったり、抱えている案件の進捗状況などもマネージャーやほかの営業マンにはわかりにく場合も多いんです。

このようなことを解消しようとSFAを導入する動きも増えているんですね。SFAを活用すれば、毎日の営業日報がオンラインで上がってくるので、マネージャーは営業マンから口頭で聞くだけでなく、SFAで設定しておいた項目ごとに丁寧に確認することが可能となります。

また、営業プロセスも見える化されるため、マネージャーだけでなく社長もそれを同時に目を通すことができます。目を通してくれていれば、マネージャーさんだけが責任を負わされることも減るかもしれませんね^^

Posted by admin | 2016年12月18日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

既存顧客を定期的&長期的に商品を購入してくれる「優良顧客」に育てるにはどうしたら良いのか?そんな課題を抱えている企業は少なくないでしょう。優良顧客を上手く確保できれば、利益だけでなく、企業のブランド力向上や営業コスト削減にもつながります。確かに新たに顧客を獲得するよりも、優良顧客の方が営業コストはかかりませんもんね。近年は、CRMやSFAなどを使って優良顧客獲得を目指す企業が増えているそうですよ。CRMやSFAならば、一度購入した顧客データを分析することで、顧客が求めている商品・サービスを更に売り込むことができます。顧客ニーズを的確にキャッチできるということは、的確な営業戦略を立てることができるということですよね。その営業戦略を社内で共有することによって、他のチームや部署であっても同じ営業戦略を取ることができるようになるのです。これはつまり企業自体の営業力を大幅にアップできるということに他なりません。既存顧客を優良顧客に育てるには、CRMやSFAの導入がキーポイントとなることが分かりますね。

Posted by admin | 2016年12月13日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAを導入することで営業プロセスが透明化され、営業効率がアップすると言われていますが、なぜそうなるのでしょうか?

例えばA先輩はそつなく商談をまとめてくることができる。でもB先輩はいつもつまずいて商談をまとめきれずに悩んでいる、とします。ここで社内にSFAが導入され、営業日報が透明化されることになりました。すると、B先輩はA先輩の日報を毎日参考のために目を通していました。3ヶ月後、自分が抱えていた商談を見事に成立。その後、以前のB先輩とは見違えるように商談を次々と成立させることができるようになりました!

ここまで都合の良い話しは無いと思いますが、営業成績の良い人の日報は参考になり、社内全体の営業レベルが底上げされるということなんです。

また、どのようなプロセスを経たのか、上司はこの点も評価できるようになります。成立はできなかったものの「よく頑張ったよね」と一声もらえれば、それだけでも営業マンは嬉しいですよね。さらに頑張ろう!と意欲も湧きそうです。

これも効率アップ!につながるのでしょう。

knowledgesuite.jp

Posted by admin | 2016年12月10日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

最新バージョンのAndroidである『Android 7.0 Nougat』はセキュリティーが大幅に強化されており、これまでAndroid搭載デバイスのサポートには気乗りしない企業のIT管理者たちにも注目されているそう。これまでAndroidが用意していたセキュリティー機能の大半はデバイスに施していましたが、Nougatではデバイスだけではなく、『Android for Work』にもセキュリティー機能を適用できるようになったのです。例えばVPNやアクティビティー管理などが良い例でしょう。特に常時接続のVPNは、ユーザーは特別な操作をしなくても追加セキュリティーの恩恵を受けることができるという。またGoogleのNexusシリーズのデバイスも、セキュアブートやSELinux、カーネルの強化などのセキュリティーに大きな変更がされています。以上のことから、Nougatはセキュリティーや信頼性において、『Android for Work』への優れた橋渡しになるのではないでしょうか。これまでAndroidを躊躇っていたIT管理者にも、目を向けて欲しいですね。

Posted by admin | 2016年11月19日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

創業よりラミネートを創り続け、常に業界の最先端を行く株式会社ラミーコーポレーション。「ラミネートのことならラミーコーポレーションヘ」というスローガンのもと、今なお成長し続けている企業です。そんな同社では、戦略的に営業支援を行うためにSFA(営業支援システム)を導入しているそう。導入前はで売上や顧客情報の管理をExcelでしていたそうですが、SFAを利用するようになって以来、そうした作業コストが軽減できるようになりました。また日報の情報を全社で共有できるようになり、営業会議などで不必要なデータを出力したり、過去の商談履歴にムダな時間を費やすことがなくなったそうです。そういった小さな効率化が積み重なれば大きな効率化につながりますよね。そしてSFAのおかげで営業担当者一人一人が、自身の営業プロセスを振り返り、分析して、改善できるようになったそう。SFAは自己改善できる気付きを与えてくれるツールなのだと感じました。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

Posted by admin | 2016年11月6日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAの導入から運用を軌道に乗せるまでに非常に重要なこと!と言われているのが、誰がどの作業を責任を持って行うのか、ということなんだそうです。

SFAとは営業支援ツールとも呼ばれるシステム、ソフトのことで、近年は大企業、中小企業に関わらず導入が進んでいます。ただ、導入に際しての多額の費用、導入後から運用までに挫折する企業が多いことが問題になることもあり、SFAを手放しで称賛する声は半分半分と言ったところのです。

それで、SFAをどうにか起動に乗せるためにいろんなコラムでその運用方法が紹介されています。あるコラムでは、役割分担という言葉を使って運用を軌道に乗せるための方法が書かれていました。誰がデータ入力を行い、誰がそれを取り出し、それを誰が確認するのか。まず、確認作業を行うのがその部署やグループのリーダーとなりますよね。ですので、その他の役割を誰が行うのか。これを明確に決めておく必要があるんだそうです。

この役割分担が、のちのちSFAの導入が成功だったか否かを決める重要なポイントとなりそうです。

KnowledgeSuite