Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2019年2月13日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

そういうことか!と思ったんですが、私たちのお金の使い方がデジタル化することで、企業も多くの情報を手に入れることが可能となるんですね。

東急不動産が、「QRコード決済やTポイントによるポイントサービス展開する」とニュースに出ていました。東急不動産のスキー場での利用とのことですが、Tポイントを使ったCRMも可能になり、その結果顧客満足度を向上させるために、これらの情報を活用、「最適なスキーリゾートサービス実現を目指す」そうです。

スキー場など、両手がふさがっている状況で、しかも体を動かしサイフなどを持ち歩くのが難しい場合、カード一枚だけ持っていれば何でも買える、というのは非常に便利ですよね。でもそれがユーザーが便利なだけではなくて、企業がそれ以上に多くの重要な情報を簡単に入手できるということ。

便利さの陰には、知らないうちに多くの情報を提供してしまっている、ということも認識しておくべきだと思いましたし、企業側もそれをきちんと発信する義務があると考えます。

ksj.co.jp/knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html

Posted by admin | 2019年1月27日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAの中の一つの機能の営業日報。この機能のメリットを知らないのは、もったいないことです。長年、紙の日報を書いてきたベテラン営業マンの方から見れば、なんで日報にまでIT化が?使い方もわからないし、いまだにガラケーの自分がSFAなんて使いたいとも思わない・・、そんな声も聞かれるのですが、それでも挑戦してみる価値は高いのがSFAなんですよね。

どこにいても日報が書ける、ということにその便利を感じるはずです。一日の最後の営業が終わったら、後援のベンチやコーヒーをカフェで飲みながら入力ができます。しかも、リアルタイムでアップされますから、上司からの質問、アドバイスもすぐに聞くことができるんですね。

また、情報はすべて共有化されるため、他の営業マンにも自分が活動した内容を知らせてくれるため、二重の営業がなくなり、自分が翌日何をしたらよいのかのヒントを得ることも可能です。

過去の案件においてどんな人物がキーマンとなっていたのか、手土産は何が喜ばれたかなど、当時の担当者を探し連絡する、といった手間や時間も無くすことができるんです。

顧客管理システム

Posted by admin | 2019年1月14日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMで有名なセールスフォースですが、MA、SFAなどといったマーケティングツールや営業支援ツールのサービスも手掛けています。そのMAである「Pardot」とSFA「Hight Velocity Sales」に「新たにAIによる自動化機能を追加すると10月23日に発表した。」とのことです。

さらに、この2つを統合することも可能で、マーケティング部門と営業部門の人たちが、同じプラットフォームを活用し、マーケティングから成約までを管理することもできるとか。

傍から見るととても良さそうには感じますよね^^だって、マーケティング部門のスタッフと営業部門のスタッフの中の悪さは周知の事実。今から、同じプラットフォーム上で情報を共有し、効果的で効率的な営業プロセスを築いていこう!と急に言われても、なかなかなじめないのではないでしょうか^^

しかしながら、昨今の会社経営は、厳しいところはより厳しく、といった感じになっていますよね。そんな時だからこそ、今までにやってこなかったことをここでドカン!とやってみるようも良いかもしれませんね^^

Posted by admin | 2019年1月1日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

カゴ落ちメールって聞いたことありますか?私は今回初めて知ったんですが、ネットショップなどで言ったんショッピングカートに入れたものの、やっぱり削除してしまったり、長く放置して忘れてしまったもの、そういった商品について、ショップ側から「あの商品、買わなくても大丈夫ですか~?」といったメールが来ることなんですね。ほんと、余計なお世話・・、としか私は思わないんですが、これが結構ユーザーには好評なこともあるとか。

その時は要らなかったから削除したけど、しばらくしてみるとやっぱり欲しい!と思っていたところ、タイミング良くショップの方からメールが来て良かった、と思う客もいるそうなんです。なるほど。。

ショップ側としては何とかして買って欲しいわけで、CRMなどの営業支援ツールを駆使し、リピート購入を呼び掛けているんですね。CRMで、同時に購入しようとしていたいわゆるカゴ落ち商品を調べ、購入を促す。しかもタイミングの良い時期にメールでお知らせすることで、顧客は「親切にメールが来た!」と、満足度も上げてくれるというわけです。

Posted by admin | 2018年12月20日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

名刺の管理をアナログにするかデジタルにするか、悩むところですよね。私が勝手に思っているのは、名刺の数が多ければデジタルの名刺の管理ツールを使い、そこまで今後も増えそうでなければファイルに分かりやすくいれておく、これで良いのではないかと思いますね^^

でも、ある程度の名刺がいつも必要で、でそれらを持ち歩きたい、という場合、どちらか迷うかと。。やっぱりひとそれぞれでしょうか^^手帳などもそうですが、ガラケーやスマホでスケジュール管理ができるようになり、すぐにそちらで管理するようになった人は、名刺もデジタル管理でもOKかもしれません。

逆に、あくまでもスケジュールは手帳、紙に書き残していきたい、という人は名刺もアナログで管理している方が性に合っているのかも。まぁ、最終的には自分に合っている方ですね^^

詳しくはこちら

Posted by admin | 2018年12月6日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

頼んでもいないのに、何かを買ったショップからメルマガが届き、すぐに購読停止のURLを探してクリックした!という経験はありませんか?

CRM施策のひとつとして、このメルマガは配信されています。顧客それぞれに最適な情報を、最適なタイミングでお知らせする。これによって、顧客は再度自社から商品を購入し、良い情報を送ってくれた!と喜んでくれるはず、といった目論見があり、メルマガやメールが自動で送られてくるのですが・・。実際には、メルマガ、メールの開封率、開封後に読んでいるかといったら、ほぼ読んでいない。そして読んでいるのがタイトルにある10%以下の人とのこと。

これを知ったら、メルマガ担当の人は悲しいでしょうね。。苦労して定期的に書いているメルマガなのに。あるコラムでは、人を惹きつけるような文章力が必要だ、とも書かれていました。でも、惹きつけられるような文章を書ける人であれば、きっとショップ内の文章によって顧客はとどめておくことが出来るはずですよね。そろそろメルマガは・・、と思うのは私だけでしょうか^^

sfa導入方法

Posted by admin | 2018年11月23日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

なぜ今名刺の管理ツールが急速に広まっているのか。簡単に名刺をデータ化し、管理できる無料のアプリなどが増えたこと、これも大きな要因ですが、ビジネスマンにとって好機を逃がさずチャンスを見つけられるという大きなメリットがあるから、とも言われています。

自分は初めてアプローチする企業。そのまま進めればアプローチだけで終わる可能性が多い場合でも、名刺データから自社と取引先との人脈を見つけることで繋がりのある人脈をたどり、アプローチをスムーズに、そして商談成立まで一気呵成に進めることもできるようになるんです。

もちろん、口で言うほど簡単なことではありませんが、日ごろから名刺情報を整理し、人脈を把握しておくことで、スピーディーにチャンスを見つけることができるんですね。

Posted by admin | 2018年11月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

すでにAIが私たちの生活中にわかりやすく利用されるようになり、便利になってきましたよね。特に、今いろんな企業が発売し始めているAIスピーカーが広まり、普及したことで、とても身近な存在になりつつあります。

ビジネスにおいてもそれはもっと前から活用されていたと思うんですが、営業の場面ではあまり進んでいなかったようです。どうしても営業は人と人との折衝によって決められるものですから、そこに機械の考えなんて・・、といった見方が多くされていました。それに、営業の分野ではIT化そのものが立ち遅れていたため、AIの導入なんて実現は難しいようにも感じていたんです。しかしここにきて、多くの人たちが営業の分野でもAIからの影響を大きく感じるようになってきたようです。

あるアンケートでは、「特に「集客に影響、プラス9.4%」「CRMに影響、プラス9.3%」となり増加率は10%に迫る勢いです」と書かれていました。今後、営業面でのAIの浸透はさらに進みそうですね。

knowledgesuite.jp/service/crm.html

Posted by admin | 2018年10月30日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMのインターフェースを見ただけで、「こりゃ使えないよ!」と一瞬でCRMアレルギーとなってしまった方はいませんか?^^でも、上からの指示によってどうしても使わなければいけない、となるとCRMを使えるようにスキルを習得する時間と精神が必要になってきます。

また、CRMを利用するのは営業マンが多いのですが、彼らの本業は情報入力をするなどのデスクワークではなく、顧客を回って案件を取ってくる外回りの仕事なんですよね。それを、一日数時間、スキル習得のために使ってしまわないといけないというのは、精神的にも負担が大きいんです。

ですから、CRMの導入をすすめる管理者や経営者は営業マンたちが楽に使えるツールを選定する必要がありますね。シンプルで見やすいインターフェース。入力は、項目をチェックするだけなど、負荷を極限まで減らしてアレルギーが出ないようなCRMを選び出してあげてください。近年では、こういった声を聞いて作られているCRMもたくさん登場しています。

Posted by admin | 2018年10月16日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAを使っていると、自然にナレッジの共有ができるようになります。先輩の営業マンの営業日報を後輩の営業マンが参考にできる、これがSFAの良いところなのですが、ただ先輩営業マンの営業プロセスを見るだけではなくて、営業手法、ノウハウなども学ぶことができるんですね。

その会社ならではの営業の仕方ってどこの会社でもあると思うのですが、それらをいちいち先輩が後輩に教えていては、先輩が自分の営業時間が減ってしまいます。となると、全体の売り上げに響き、経営者としてもそれは何とかしないと・・と思いますよね。

SFAでナレッジの共有化ができれば、新人の営業マンたちの教育コストを大きく減らすことが可能になるんです。いちいち先輩に聞かなくても自分で解決できるようになり、先輩も負担が減るため良いこと尽くしと言うことです。

過去の日報まで参考にしていけば、自然と失敗のパターン、成功のパターンなども分かっていくため、売り上げのアップも大いに期待ができます。