Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2017年9月21日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

顧客満足度の向上に使われるCRM。様々な施策がありますが、いずれもきちんと活用してけばそれなりの成果は出てくるでしょう。しかしながら、ただシステムに頼って見込み顧客の囲い込み、既存顧客の更なる消費アップを狙っても思うようにはいかないもの。そこには顧客の視点に立った満足度の向上を意識しているのか、ここが重要になるからです。

たしかにCRMを活用することで、集めたデータをもとに最善の策を練ることもできるでしょう。でもそれをシステムから出された施策通りに顧客に実行しても、本当にそれが顧客が望んでいたものなのか、期待以上の体験を提案できているのかは疑問です。そこには人と人の信頼関係も必要になってくるんですね。

まずは顧客を理解し、きめ細やかな配慮を持ってサービスできているのか。そしてそれを顧客が受け入れ、今後も利用していきたい!と思わせることが実現できているのか。ここが基準となることが、CRMを長く活用し、顧客ともお付き合いを深めていくポイントとなるんですね。

Posted by admin | 2017年9月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

小林製薬のサプリがこんなにも人気なのがわかる記事がありました。なるほど!的を得ているなと感じましたね。

「小林製薬ではCRM(顧客関係管理)の観点から、親近感を重視しているという。」とありました。小林製薬は、ネット通販、テレビ通販など全ての販売チャネルを使い商品を販売しているそうですが、通販の会員用の会報誌には積極的に通販事業部の社員を登場させ、名前、顔を会員にしってもらおうとしているとのこと。

また、電話での注文時には注文だけを聞くのではなくて、会員が話したいことを聞いてあげる、そんな姿勢もあるとか。とくにお年寄りの場合にはサプリが欲しいことに代わりは無いようですが、人と話をしたいといった欲求も持っている場合もありますよね。そんな話を聞く。ユーザーが何を欲しているのかをくみ取ること、これもCRMの一環と考えているそうです。個人を相手に商売をする際には、こういった1人1人との人間同士の繋がりが重要になってくるんですね。

どんな最新のシステムを利用していても、最後はやはり人、ということなのでしょう。

Posted by admin | 2017年8月21日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

企業で支給されるスマホにiPhoneが多いのは知っていたのですが、アプリに関してもiPhoneはメリットがあるんですって。

私もiPhoneユーザーなのですが、親のAndroidのスマホであるアプリをダウンロードしたら・・、一向にお目当てのアプリが見つからないんですよね。何で?何で??と本当に不思議で・・。もしかしたら私が見ているグーグルプレイは偽物なのか?とまで思いましたよ^^

そして公式サイトからダウンロードすることがAndroidでは大切なんだ!ということがわかりました。そうです、Androidではアプリって審査基準が無いのか低いのか・・、紛らわしいものばかりなんですよね。それに比べると、iPhoneの審査は非常に厳しいと。これは最近注目されている名刺の管理ツールでも言えることがそう。ここにもiPhone支給の訳があったんですね。

Posted by admin | 2017年8月16日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

今、政治の世界でも話題になっている日報・・。ビジネスマンでなければあまり関係の無いものとばかり思っていたんですが、自衛隊でもその日の記録として日報が記されていたんですね~。

営業においては、SFAの導入が進み透明化が当たり前になってきていますよね。営業日報を透明化することで社員全員がリアルタイムに情報を共有でき、営業マンそれぞれの活動内容が明らかにされます。自衛隊など国の防衛に関わる重要機密事項を透明化、共有化するのは非常に難しいので、言った言わない、聞いた聞いてないという論争はまだまだ続きそうですね^^

ところで営業においての営業日報はさらに進化が進んでいて、カスタマイズが容易にできるものが人気になっているようです。というのも、同じフォーマットの作業画面はある業種、職種では使い易くても、別の分野では使いにくいことも。なので、最初から自在にカスタマイズしやすい設計のものが出始めているんです。

勿論、スマホなどスマートデバイスも使えるので、外出先から日報入力も可能です。

Posted by admin | 2017年8月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

営業現場で行われていることがメールだったりペーパーでの報告となれば、責任者は数時間、場合によっては数日後にその状況を知ることになります。もし他社が同じような営業をかけていて、スピィーディーな対応をしていれば、案件を横取りされる可能性もあるかもしれません。

しかしSFAを活用できればこのような心配は無くなります。SFAを導入することで営業現場での状況をリアルタイムで可視化し、共有化ができます。今、何が進められているかが責任者、同僚も確認できるので、もし新人の営業担当者がミスをおかしたり不安になった時でも、誰かがアドバイスをしてあげることもできます。

そして、自分たちの営業についても深く理解でき、改善点も見出すことができます。営業プロセスを最初から最後まで見ることができますので、自社の営業スタイルの傾向、それぞれの営業担当者のクセ、強み、弱み、失敗の下人、成功の理由がハッキリとしてくるんです。これまで見えていなかったものも見えてくるSFAは、営業スタイル自体も変えることができるんですね。

Posted by admin | 2017年8月5日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

名刺は会社の重要な資産と言われているものの、十分に活用できていないというのが実際のところではないでしょうか。

毎日営業先を回る営業マンであれば、一週間も経てば大量の名刺がデスクに溜まっていくでしょう。きちんと管理をしていないと、欲しい時に欲しい名刺情報がどこにあるのかわからない!といったことも往々にして起きるようです。

そんな課題を解決してくれるツールとして、今名刺の管理サービスが注目されています。Sansanといったテレビコマーシャルから大きく飛躍した会社もあれば、名前は知られていなくてもコツコツと実績を積んでいる会社も。

どこのサービスを利用するにしても、料金や使える機能をしっかりと見据え導入することで、今までの課題は何だったの?と驚くハズです。

名刺デジタル化サービス 名刺CRM | サービス紹介- KnowledgeSuite

Posted by admin | 2017年7月27日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

統合CRMという言葉、知っていますか?あれ、当たり前ですか?^^

でも私のようにこの統合CRMを知らない人のために、ご説明しますね。つい2~3年ほど前から使われるようになったこの統合CRM。統合、ということで一つにまとめることを意味しています。

今の販売チャネルは、店頭、ネットショップ、電話注文など一つの場所、チャネルからではなくて、複合的にこれらのチャネルが存在し、ユーザーもその時の気分やシチュエーションに応じて商品を購入しています。すると、各チャネルごとにユーザーは個人情報を登録することになります。

例えば、あるお店は全国各地に支店を持ち、ネットショップも複数のショッピングモールで展開。ユーザーは実店舗でもネットショップでも、そして旅行に行った際にはそこにある実店舗での購入もしているとします。そうすると、そのユーザーの個人情報はそれぞれに分かれて管理されています。これでは、企業としては十分な顧客管理ができないことから、全ての店舗から名寄せをすることで、統合CRMという考えが出てきたそうです。

Posted by admin | 2017年7月16日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

今のままの営業ではすぐに壁にぶち当たってしまう・・と不安に思っていませんか?それなら、名刺の管理ツールを一度利用してみませんか?

このツールでは、名刺をスキャン、あるいはスマホのカメラで撮影し送信するだけで、管理会社が名刺をデータ化してくれるんです。

多くの会社では、人手作業で何度も確認しながらデータ化するので、間違いもほとんど無いとのことです。そのデータは最短で翌日に完成しますし、しっかりと人脈を作り上げることで取引先への営業がスムーズに運ぶ、というメリットがあります。

また、以前失注していた案件についても、再度掘り起こすことで成功に繋がるケースもあるとのこと。営業改革をするのなら、まずは手軽な名刺管理サービスから始めるのも良さそうですよ^^

Posted by admin | 2017年7月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

名刺をもらったらそれで満足していませんか?名刺の管理ツールがあるから、とりあえずたくさんの名刺をもらって撮影しておけば、あとはお任せ!・・と終わってしまってはいけません。せっかくもらった名刺をただデータ化して簡単に検索できるようにするだけでは、勿体無いのです。

できれば、名刺をもらったらすぐに名刺の裏に名刺をもらったシチュエーション、日付会話の内容、担当者の特徴、そして次に何をするべきか、ここまで書いておくと、これはもう見込み客を得たも同然の営業支援ツールと化するんです。

SFAの導入も進んでいる日本ですが、わざわざ高い費用をかけて導入しなくても、このような名刺管理ツールを上手に利用することで、低コストで効率の高い作業ができるようになるんですね。

名刺管理CRM | サービス紹介- KnowledgeSuite

Posted by admin | 2017年7月7日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

何もかも、ビジネスの世界ではデジタル化が進んでいますよね。50代以上の方たちには不評な面も多くあるようですが^^20代、そして30代の人たちにとってみればデジタルはすでに生活の中心。これがないと逆に生活を不安に感じる世代ですから、それがビジネスで使われることには何の抵抗も無いでしょう。それに、SFAなど営業支援をしてくれ、効率化ができるツールであれば自ら導入を希望すると思われますね^^

ある会社では、7年ほど利用していたSFAがあったそうですが、そろそろワンランクアップさせたツールに変える時が来ていたとのこと。せっかく慣れたツールから新しいものに変えるのは勇気が必要だったでしょう。そこで、テスト試用の期間が設定されているツールを利用し、実際に社内でどのような反応が起きるのか実験を行ったそうです。その結果、操作、機能ともに以前導入したものよりもはるかに使い易く、すぐに導入が決まったそうです。勿論、若い世代には好評だったと。最新のSFAとはよく出来ているものですね。