Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2017年11月28日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CRMを導入する際には、現在使用中のソフトと連携が可能なものを選ぶことが重要です。連携できなくても大丈夫なんじゃない?CRMさえ使いやすければ、と思う方もいるようですが、連携できるとできないでは全く業務のはかどり方が違うんですよ。

顧客情報を管理し分析することができるCRMですが、それとともに新規顧客を開拓して顧客へとランクアップするSFA、そして会計ソフトとスケジュールソフトなどと連携することで、さらにCRMの機能を最大限に発揮させることができるんですね。

例えば会計ソフトとの連携です。CRMに顧客情報、そして営業情報すべてを入力することで、会計ソフトにもその情報が繋がり、請求書などの作成が簡単にできてしますんです。もし、連携ができないシステムを導入すれば、CRM、会計ソフトそれぞれにデータの入力を行わないといけない、つまり2度手間になってしまうんですね。せっかく新しくシステムを導入するのであれば、さらに業務効率化が実現できるものを選ぶべきですね。

詳しくはこちら

Posted by admin | 2017年11月21日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

SFAの導入の際、費用ばかりを気にしすぎ、結果的に導入失敗となってお金をドブに捨てるようなことになってしまった・・という声をいくつも聞いたことがあります。

中小企業では、営業がうまく行っていないから費用もかけられない、という事情があります。そこで無料のアプリや格安のSFAに走ってしまうケースがあるんです。

よく言われることですが、格安のスマホ・・10,000円台で購入できる海外のスマホがありますよね。シニア世代が初めて持つスマホとして人気のようですが、現実にはスマホ初心者シニアには向いていないとのこと。それは、使い勝手が悪いところに問題があるということなんですね。格安だからこそ、スマホをよく知っている人が使うべきもの。

これと同じようにSFAもSFAというシステムを理解していれば、コストの低いものを導入して自分で使いやすくカスタマイズも可能でしょう。しかしパソコンをやっと・・という人にとってはこれは無茶な話ですよね。

費用も大切ではありますが、一度の導入で定着できるようなSFAを選ぶことが一番のポイントなんです。

参照URL

Posted by admin | 2017年11月14日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

名刺管理ツールを活用することで情報が一元化され、新規顧客の開拓に役立ったり既存顧客でもアプローチしやすくなり会社の業績もアップしていく、といった構図が生まれています。

でも、実は名刺情報によって名刺交換をしたその場で印象を高めておくことで、さらに営業をスムーズに進行させる技があるんです^^それは名刺交換後の会話です。交換後にすぐに商談の話をしたがるものですがそこは少し余裕を見せ、名刺に書かれている相手の情報から会話の糸口を探ります。

氏名に使われている漢字について、会社のロゴについて、名刺の素材についてなどなんでも良いのです。ただ、褒める、同調する、感心する。このようなことが名刺交換の時に実行できれば、相手は心を開きやすくなるはずです。

自分がこんなことを言われたらちょっと嬉しくなるな・・ということで良いんです^^

参照URL

Posted by admin | 2017年11月7日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

私が行きつけているお洋服屋さんのスタッフ。彼女は、会社からCRM・・顧客情報管理の徹底を叩き込まれているの?と思うほど、既存顧客・・つまり私のことをとても上手におもてなししてくれます。

近くまで来た私を見つけると、他の客がいたとしても「●●さま~~♪」と言ってニコニコ挨拶しに出てきてくれます^^シーズンの始まりにはブランドの冊子を送ってくれ、お店に寄って洋服を購入すれば1週間後くらいに必ずはがきを送ってきてくれます。しかもそこにはびっしりと文字が^^何もここまでしなくても・・と思うのですが、やはりお店に行けば私の好みを知ってくれているので、ついつい買ってしまうんですよね。

ファッションのお店では、コミュニケーションも大事ですが、客の好みをしっかりと知る、ということも大事ですよね。たまたまというか、私とそのスタッフの好みが一致しているらしく、そのため私が好きだったり私に似合いそうなものは、事前に奥の方に見えなくしてくれているそう^^

ということで、このお店のCRMはしっかりと機能していると思われます^^

ナレッジスイート

Posted by admin | 2017年9月21日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

顧客満足度の向上に使われるCRM。様々な施策がありますが、いずれもきちんと活用してけばそれなりの成果は出てくるでしょう。しかしながら、ただシステムに頼って見込み顧客の囲い込み、既存顧客の更なる消費アップを狙っても思うようにはいかないもの。そこには顧客の視点に立った満足度の向上を意識しているのか、ここが重要になるからです。

たしかにCRMを活用することで、集めたデータをもとに最善の策を練ることもできるでしょう。でもそれをシステムから出された施策通りに顧客に実行しても、本当にそれが顧客が望んでいたものなのか、期待以上の体験を提案できているのかは疑問です。そこには人と人の信頼関係も必要になってくるんですね。

まずは顧客を理解し、きめ細やかな配慮を持ってサービスできているのか。そしてそれを顧客が受け入れ、今後も利用していきたい!と思わせることが実現できているのか。ここが基準となることが、CRMを長く活用し、顧客ともお付き合いを深めていくポイントとなるんですね。

Posted by admin | 2017年9月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

小林製薬のサプリがこんなにも人気なのがわかる記事がありました。なるほど!的を得ているなと感じましたね。

「小林製薬ではCRM(顧客関係管理)の観点から、親近感を重視しているという。」とありました。小林製薬は、ネット通販、テレビ通販など全ての販売チャネルを使い商品を販売しているそうですが、通販の会員用の会報誌には積極的に通販事業部の社員を登場させ、名前、顔を会員にしってもらおうとしているとのこと。

また、電話での注文時には注文だけを聞くのではなくて、会員が話したいことを聞いてあげる、そんな姿勢もあるとか。とくにお年寄りの場合にはサプリが欲しいことに代わりは無いようですが、人と話をしたいといった欲求も持っている場合もありますよね。そんな話を聞く。ユーザーが何を欲しているのかをくみ取ること、これもCRMの一環と考えているそうです。個人を相手に商売をする際には、こういった1人1人との人間同士の繋がりが重要になってくるんですね。

どんな最新のシステムを利用していても、最後はやはり人、ということなのでしょう。

Posted by admin | 2017年8月21日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

企業で支給されるスマホにiPhoneが多いのは知っていたのですが、アプリに関してもiPhoneはメリットがあるんですって。

私もiPhoneユーザーなのですが、親のAndroidのスマホであるアプリをダウンロードしたら・・、一向にお目当てのアプリが見つからないんですよね。何で?何で??と本当に不思議で・・。もしかしたら私が見ているグーグルプレイは偽物なのか?とまで思いましたよ^^

そして公式サイトからダウンロードすることがAndroidでは大切なんだ!ということがわかりました。そうです、Androidではアプリって審査基準が無いのか低いのか・・、紛らわしいものばかりなんですよね。それに比べると、iPhoneの審査は非常に厳しいと。これは最近注目されている名刺の管理ツールでも言えることがそう。ここにもiPhone支給の訳があったんですね。

Posted by admin | 2017年8月16日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

今、政治の世界でも話題になっている日報・・。ビジネスマンでなければあまり関係の無いものとばかり思っていたんですが、自衛隊でもその日の記録として日報が記されていたんですね~。

営業においては、SFAの導入が進み透明化が当たり前になってきていますよね。営業日報を透明化することで社員全員がリアルタイムに情報を共有でき、営業マンそれぞれの活動内容が明らかにされます。自衛隊など国の防衛に関わる重要機密事項を透明化、共有化するのは非常に難しいので、言った言わない、聞いた聞いてないという論争はまだまだ続きそうですね^^

ところで営業においての営業日報はさらに進化が進んでいて、カスタマイズが容易にできるものが人気になっているようです。というのも、同じフォーマットの作業画面はある業種、職種では使い易くても、別の分野では使いにくいことも。なので、最初から自在にカスタマイズしやすい設計のものが出始めているんです。

勿論、スマホなどスマートデバイスも使えるので、外出先から日報入力も可能です。

Posted by admin | 2017年8月11日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

営業現場で行われていることがメールだったりペーパーでの報告となれば、責任者は数時間、場合によっては数日後にその状況を知ることになります。もし他社が同じような営業をかけていて、スピィーディーな対応をしていれば、案件を横取りされる可能性もあるかもしれません。

しかしSFAを活用できればこのような心配は無くなります。SFAを導入することで営業現場での状況をリアルタイムで可視化し、共有化ができます。今、何が進められているかが責任者、同僚も確認できるので、もし新人の営業担当者がミスをおかしたり不安になった時でも、誰かがアドバイスをしてあげることもできます。

そして、自分たちの営業についても深く理解でき、改善点も見出すことができます。営業プロセスを最初から最後まで見ることができますので、自社の営業スタイルの傾向、それぞれの営業担当者のクセ、強み、弱み、失敗の下人、成功の理由がハッキリとしてくるんです。これまで見えていなかったものも見えてくるSFAは、営業スタイル自体も変えることができるんですね。

Posted by admin | 2017年8月5日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

名刺は会社の重要な資産と言われているものの、十分に活用できていないというのが実際のところではないでしょうか。

毎日営業先を回る営業マンであれば、一週間も経てば大量の名刺がデスクに溜まっていくでしょう。きちんと管理をしていないと、欲しい時に欲しい名刺情報がどこにあるのかわからない!といったことも往々にして起きるようです。

そんな課題を解決してくれるツールとして、今名刺の管理サービスが注目されています。Sansanといったテレビコマーシャルから大きく飛躍した会社もあれば、名前は知られていなくてもコツコツと実績を積んでいる会社も。

どこのサービスを利用するにしても、料金や使える機能をしっかりと見据え導入することで、今までの課題は何だったの?と驚くハズです。

名刺デジタル化サービス 名刺CRM | サービス紹介- KnowledgeSuite